短期間で痩せるには1週間からできる効果的なダイエット方法

短期間で痩せる!1週間からできる効果的なダイエット方法|ほそくなーれ

短期間で痩せる!1週間からできる効果的なダイエット方法!!

短期間で痩せるには

短期間で痩せる方法をお探しではありませんか?

 

例えば1週間後や2週間後に「特別な日」が迫っていたり、3週間後や1ヶ月後に「健康診断」や「海やプール」へ行くなど。

 

男性でも女性でも、目標の日までの期間が短いほど、気になる部分を「スッキリさせておきたい!!」という願望は強くなるものですよね。

 

しかし実際に短期間のダイエットをやってみると思うような結果が出せず、あきらめてしまうケースも多いようです。

 

そこで、「ほそくなーれ.com」では男女を問わず、1週間・2週間・3週間・1ヶ月間などの短期間で痩せるための方法や、健康的に美しく痩せる方法をダイエットの基本とともにご紹介させていただきます。

 

ぜひ、あなたの人生を変えるためのダイエット成功のヒントにしてみてください。

 

 

⇒ 短期間で痩せるサプリメント・ベスト3!!はこちら

1.短期間で痩せるには「食事と運動のバランス」がポイント!

短期間で痩せるにはランニング

ダイエットの基本は「摂取カロリーと消費カロリーのバランス」がポイントになります。

 

これは食事による「摂取カロリー」を運動による「消費カロリー」が上回る事で、脂肪燃焼を促すからです。

 

そのため短期間で痩せるには、食事制限で摂取カロリーを抑え、運動で消費カロリーを上げて脂肪燃焼をさせて痩せることが必要となります。

 

また、同じ短期間でも「1週間・2週間・3週間・1ヶ月間」など、ダイエットに取り組む日数によっても、食事制限と運動量のバランスが変わってきます。

 

 

ダイエット期間によって異なる食事制限と運動のバランス

  • 1週間で痩せる  食事制限 9 : 運動 1
  • 2週間で痩せる  食事制限 7 : 運動 3
  • 3週間で痩せる  食事制限 6 : 運動 4
  • 1ヶ月間で痩せる 食事制限 5 : 運動 5

 

 

このバランスはあくまで目安ですが、短期間で痩せるためには上記のように、取り組む期間によって食事制限と運動の比率を変えていきます。

 

例えば1週間で痩せる場合のバランスは「食事制限 9 : 運動 1」としています。

 

1週間のダイエットで食事制限をあまりせずに運動をたくさん行っても、期間が短すぎるため脂肪燃焼効果が低くあまり成果を望めません。

 

それであれば食事制限を中心に徹底して摂取カロリーを抑え、できる範囲で有酸素運動を行った方が確実にカラダを絞れます。

 

また、逆に1ヶ月間のダイエットで一気に痩せようと極端な食事制限をすると、栄養不足のため健康や美容に不調をもたらしてしまいますから「食事制限 5 : 運動 5」くらいで、ほどほどの食事制限と、ある程度負荷をかけた運動でしっかりと確実に体重を落とす方が効果的です。

 

何キロ痩せるかにもよりますが、こうした期間による食事制限と運動のバランスの違いが、短期間で痩せるダイエットの成功へと繋げていきます。

 

 

2.短期間で痩せるなら、まずは食事制限!!

短期間で痩せるには食事制限

短期間で痩せるために欠かせないのが、食事制限です。

 

食事制限といっても様々な方法がありますが、結論としてはどのような方法であっても、余分なカロリーをカットして「摂取カロリーを減らす」ことが目的となります。

 

特に、1週間や2週間の集中したダイエットで痩せる場合は、食事制限の割合が運動よりも大きくなるため、太る原因である糖質をカットすることが効果的です。

 

確実に糖質カットをする場合、「お米」・「麺類」・「パン類」などの炭水化物や果物類から、「洋菓子」・「和菓子」・「ジュース」などの菓子類や飲料水などの糖質カットも必要となります。

 

しかし、いくらダイエットでの糖質カットが必要とはいえ、ダイエット期間が3週間や1ヶ月間など長くなる場合は、最低限のカロリーや健康維持に必要な栄養は補給しておかないと、エネルギー切れで体調不良などのリスクもあるため、注意が必要です。

 

参考ですが、短期間で痩せるための食事のバランスは次の内容を基本にして過度な食事制限にならないようにしていきましょう。

 

 

1週間で痩せるなら糖質の完全カット

 

1週間で痩せるなら、お米・麺類・パン類などの炭水化物や、果物、菓子類、ジュースに至るまで、糖質を完全にカットします。これは運動での脂肪燃焼がそこまで望めない1週間という短い期間ならではの方法で、糖質のカットでエネルギー補給を最小限に抑えて、普段の生活での動きでなるべく脂肪燃焼効率を上げることが目的となります。

 

 

2週間で痩せるなら朝食以外の糖質をなるべくカット

 

2週間ほどの期間でダイエットを行う場合、運動も交えていくことから糖質を完全にカットしてしまうとエネルギー切れとなり、ダイエット期間を乗り切れない可能性が高くなります。そのため、朝食でおにぎり1個や、食パン1枚ほどの糖質は摂取して、そのほかの昼食や夕食、間食では糖質を完全にカットをしていきます。

 

 

3週間で痩せるなら「高タンパク質・低糖質」で夕食や間食などでの糖質は完全にカット

 

3週間で痩せる場合は、運動の負荷も上げていくためカラダの回復を踏まえた食事が必要となります。そのため朝食ではおにぎり1個や食パン1枚程度の糖質補給をしつつ、昼食や夕食では筋肉の回復を促すタンパク質を含む肉類や、カラダの機能回復に必要なビタミンやミネラルを含む野菜をたくさん食べることが必要になります。

 

 

1ヶ月間で痩せるなら高タンパク質・低糖質で栄養バランスにスムージーやプロテインも

 

1ヶ月間で痩せる場合は、3週間で痩せる場合と似て「高タンパク質・低糖質」が基本となります。朝食や昼食ではおにぎり1個や食パン1枚程度までで、夕食での糖質はカットします。また、タンパク質とミネラル・ビタミン補給に肉類や野菜を中心に食べますが、1ヶ月間のダイエットになると運動の負荷も高くカラダに疲労が残りやすくなります。そのため、食事にプラスしてスムージーやダイエット用のプロテインを摂取したり、夕食はダイエット用プロテインのみに置き換えたりなどの工夫がオススメです。

 

 

 

 

2-1.工夫して摂取カロリーを抑える

 

短期間で痩せるには摂取カロリーを抑える

ダイエットをしようと考える方の多くは、今までカロリーを摂り過ぎていた状態だと考えられます。

 

短期間で痩せるためには、その摂り過ぎていたカロリ―を「どのように食事内容を変えて抑えていくか?」が大切なポイントです。

 

普段の食事内容を変えるということは「もっと食べたい」や「いつも食べてるあのお菓子を食べたい」「あのジュースを飲みたい」など習慣的に口にしていたものが欲しくなってしまうものです。

 

すべての「食べたい」を無くすことは難しいですが、少しでも「食べたい」を減らすような食事方法の工夫が短期間で痩せるダイエット成功のカギとなります。

 

摂取カロリーを抑えることに関しては、とくに1週間や2週間で痩せたい方には必要なことですから、ぜひ挑戦してみて下さいね。

 

 

摂取カロリーを抑える方法

  • 肉類・魚類・野菜を中心に糖質はカット
  • 食事メニューをある程度決めておく
  • 短期集中で置き換えにする
  • 最初に野菜から食べる

 

 

肉類・魚類・野菜を中心に糖質はカット

 

炭水化物をはじめとした糖質の摂り過ぎは脂肪の蓄積に繋がってしまいますから、短期間で痩せる場合は糖質カットが優先的になります。

 

とくに食事での糖質カットとして、炭水化物を少量にしたりカットをすることが効果的です。

 

その一方で糖質の低い野菜を中心に肉類や魚類をたくさん食べることで、ダイエットに必要なタンパク質・ビタミン・ミネラルをしっかり補給しながら満腹感も満たすことが、カロリーを抑える食事方法の基本となります。

 

 

食事メニューをある程度決めておく

 

とくに3週間〜1ヶ月間で痩せる場合、朝・昼・晩の食事内容をある程度決めてしまう方法が有効です。

 

朝は「野菜やフルーツとヨーグルト」あるいは「おにぎりと味噌汁」など食べ過ぎない程度にして、多少の糖分は摂取しておきます。(※1週間で痩せる場合は炭水化物はカットします。

 

お昼は仕事や生活上の都合で外でランチをする方もいるため、糖質の摂り過ぎには注意ですがある程度メニューを自由にしておきます。

 

晩ご飯は「鶏胸肉や豚肉のソテー」・「野菜スープ」・「焼き魚」など、夜は炭水化物を完全にカットしつつなるべくヘルシーに仕上げます。

 

こうしてメニューをある程度決めておくことで、余分な糖質の摂取を抑えて安定した低糖・質高タンパクの食事にします。

 

 

短期集中で置き換えにする

 

置き換えは1週間〜1ヶ月間のどの期間でも有効な方法で、朝食や夕食のいずれか1食を、スムージーやダイエット用プロテインなどに置き換えてしまいます。

 

生活環境によっては、ダイエットの食事メニューを毎回考える余裕が無かったり、考えるつもりでスーパーに行ったけれども疲れと空腹でついつい余計な物まで買ってしまうということがあります。

 

そうならない様に、置き換えてしまうという方法です。とくに一番糖質をカットしておきたい、夕食の置き換えがオススメです。

 

 

最初に野菜から食べる

 

野菜からまず食べるということは、先に食物繊維を取り入れることで、あとから入ってくる食べ物の吸収や血糖値を抑えて脂肪をつきにくくする効果があります。

 

さらに、野菜から食べることで糖質がほぼない状態で満腹感を得られるようになるので、食べ過ぎ防止にもなることから1週間〜1ヵ月間のどの期間でも短期間で痩せるために絶対にやっておきたい方法の一つです。

 

 

水分補給は欠かさず必ず行いましょう

 

ダイエット中は体重が気になって水分を摂らなくなる方が多くいます。
水分を摂らないと、脱水症状だけではなく、血液がドロドロになってデトックス効果が低下してしまい、疲れやすくなったり、塩分が分解されにくくなって「むくみ」の原因ともなってしまいます。
水分はカラダに最高のお薬とも言われていますので、水分不足には気をつけて短期間で痩せるダイエットを実践していきましょう。

 

⇒ 短期間で痩せるサプリメント・ベスト3!!はこちら

 

2-2.栄養補給で健康的に短期間で痩せる

 

短期間で痩せるには栄養

1週間〜1ヶ月間までの短期間のダイエットで健康や美容を損なわないように、私たちのカラダに必要な栄養について少しだけ説明します。

 

健康や美容を保つために必要な栄養素として「五大栄養素」があります。

 

これは「糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル」ですが、この栄養素は更に「熱量素・構成素・調節素」の3つの働きに大別されます。

 

 

熱量素

 

「熱量素」は体のエネルギー源となる働きがあり、主に糖質・脂質・タンパク質がこれにあたります。

 

構成素

 

「構成素」は体を作る成分となる働きがあり、脂質・タンパク質・ミネラルがこれにあたります。

 

調節素

 

「調節素」は生理作用を調節する働きがあり、タンパク質・ビタミン・ミネラルがこれにあたります。

 

 

短期間で痩せるダイエット方法を効果的に実践していく場合、カロリーをコントロールしなければいけないことから食事制限がつきものとなります。

 

この食事制限をする場合、「熱量素」の中でも脂肪に変わりやすい糖質を中心に制限をする必要がありますが、過度な食事制限をしてしまうと、それに伴って「構成素」や「調節素」に必要なビタミン・ミネラル・タンパク質・脂質を過度に制限してしまう可能性があります。

 

そうなると体は栄養不足の状態に陥り、生活面では頭がぼうっとしてしまったり、新陳代謝が落ちてカラダの回復ができなかったり、便秘になってしまったりと、健康に害を及ぼしてしまう可能性があります。

 

短期間で痩せるダイエット方法を効果的に継続させるためにも、必要以上の食事制限はせずに適度な栄養摂取をして、ダイエットに耐えられる健康的な体づくりにも注意をしていきましょう。

3.サプリメントで「短期間で痩せる」をサポート!

短期間で痩せるにはサプリメント

短期間で痩せる場合、普段よりもハードな食事制限や運動が必要になることから、体にはさまざまな負担がかかります。

 

そこをサプリメントでサポートすることで、ダイエットを緩やかにして、体調不良に陥らないように安心して実践することができるようになります。

 

 

サプリメントのサポート効果

  • 脂肪燃焼をサポート
  • 栄養不足を予防
  • 筋肉回復・疲労回復をサポート

 

 

脂肪燃焼をサポート

 

ダイエットの期間が短いほど運動をする回数や時間が少なくなるため、脂肪燃焼が難しくなっていきます。

 

そのため食事制限によって、摂取カロリーを抑えて消費カロリーの割合を上げていきますが、過度に食事制限をすると今度は体調不良を招いてしまいます。

 

こうしたことを踏まえると、短期間で痩せるには脂肪燃焼をさせることに限界があります。

 

そこで脂肪燃焼系サプリでしっかりとサポートすることで、短期間でも脂肪燃焼をさらに促すことへつなげられます。

 

 

栄養不足を予防

 

1週間〜1ヶ月間の短期間で痩せるダイエットで食事制限をする場合、熱心になればなるほど極端な食事制限になってしまうことがあります。

 

そこから栄養不足が始まり体力が落ちたり貧血を起こすなど、代謝が落ちて体調不良を招いてしまいます。

 

しかしダイエットでの食事制限は「摂取カロリー」を抑えるために必要なことですから、避けては通れない道です。

 

そこで栄養バランスを崩さないように食事制限を少し緩めて「カロリーカットサプリ」などでダイエット効果をサポートすることで、栄養不足の予防をしながら脂肪燃焼を促すことが期待できます。

 

 

筋肉回復・疲労回復をサポート

 

3週間〜1ヶ月間などの短期間で痩せる場合、脂肪燃焼を促すために運動は欠かせません。

 

運動をすることで筋肉へ負荷をかけて筋繊維を壊し、タンパク質などの栄養補給によって筋肉を回復・増幅させ、引き締まった体や脂肪燃焼を高めるからです。

 

しかし、この時に食事制限によって栄養不足の状態になっていると、筋肉をはじめとしたカラダの回復が追いつかない状態となってしまいます。

 

しっかりとカラダの回復をはかるには、食事制限を多少緩めて栄養補給を行うか、食事制限を緩めずに栄養バランスが考えられたダイエット用プロテインを取り入れる方法があります。

 

ダイエット用プロテインは豊富なタンパク質と合わせてビタミンやミネラルもしっかり摂れるので、安心して食事制限をすることができます。

 

 

 

 

3-1.短期間で痩せるサプリメント・ベスト3!!

 

短期間で痩せる場合、食事制限や運動で脂肪燃焼を促すには限界があるため、さらに痩せるサポートとして「脂肪燃焼系サプリ」がオススメです。

 

そこで、脂肪燃焼を助けてくれるサプリメントを「材料・成分・ダイエット効果・価格・安心感」から当サイトのおすすめ順にランキングしてみました。

 

健康的に痩せるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

 

生漢煎・防風通聖散の特徴

生漢煎・防風通聖散は、トウキ ・シャクヤク・センキュウなど、18種類の生薬で余分なお腹の脂肪を分解・燃焼・促進する大人気スティック粉末タイプの漢方薬。

基礎代謝をアップして、内側から脂肪を燃焼させることで、あなたのダイエットをばっちりサポートします!

今なら初回半額の3900円!まずは1ヶ月試してみてはいかがでしょうか。

評価 評価5
「生漢煎・防風通聖散」のおすすめポイントは?

短期間で痩せるチェック18種類の生薬を使用
ダイオウ・トウキ・ケイガイ・キキョウ・センキュウ・セッコウ・シャクヤク・カッセキ・ショウキョウ・マオウ・サンシシ・レンギョウ・カンゾウ・ハマボウフウ・オウゴン・ハッカ・ヒャクジュツ

短期間で痩せるチェック期待できる効果
代謝を高めることから、次の効果に期待できます。
・脂肪を内側から分解・燃焼を促進!!
・排便・排尿を促進する!!
・肩こりやむくみにも効果的!!

※新生防風通聖散は排便を促す効果がある生薬のため、人によっては「下痢」や「腹痛」など効き目を強くなる場合があるそうです。
体が慣れてきたり一時的に減量したりすることで、改善する場合もあるそうですが、症状がひどいときは使用中止のうえ医師に相談をしましょう。


短期間で痩せるチェック価格
・単品購入:7.800円(税抜き) ⇒ 初回限定:3.900円(税抜き)
※送料:700円・沖縄、一部の離島は送料1.200円です。

・毎月1箱コース
・定期購入:7.800円(税抜き) ⇒ 初回限定:3.900円(税抜き)
・2回目以降:5.900円(税抜き)
※送料無料・変更、解約はいつでも可能です。

・3ヶ月に3箱コース
・定期購入:23.400円(税抜き) ⇒ 初回限定:14.500円(税抜き)
・2回目以降:16.500円(税抜き)
※送料無料・変更、解約はいつでも可能です。

・6か月に6箱コース
・定期購入:46.800円(税抜き) ⇒ 初回限定:27.400円(税抜き)
・2回目以降:29.400円(税抜き)
※送料無料・変更、解約はいつでも可能です。

短期間で痩せるチェック内容量
・1箱あたり:30日分90包入(1日3回・1回1包)

短期間で痩せるチェック安心感
調剤薬局・ドラッグストア アイングループのアインズ&トルペというドラッグストアが販売しており、成約や健康食品を数多くあつかっていることから、信頼性があります。

黒美妃の特徴

黒美妃は、黒ショウガ・黒マカ・黒酢・黒ニンニクをはじめ、15種類の素材でダイエットをサポート。

脂肪燃焼に必要な基礎代謝の向上にアプローチしながら、ダイエット生活をサポートしてくれますので、短期間で痩せるための食事制限と運動のお供に最適です。

定期購入なら、お得な送料無料で4300円!!

評価 評価4.5
「黒美妃」のおすすめポイントは?

短期間で痩せるチェック10種の黒素材+5種のスッキリ素材を使用
黒ショウガ・黒酢・黒マカ・黒ニンニク・黒米・黒松の実・黒加倫・黒大豆・黒胡麻・黒梅・L-カルチニン・サラシア・茶花・黄金しょうが・乳酸菌

短期間で痩せるチェック期待できる効果
・基礎代謝をアップして痩せやすくなる!!
・脂質や糖質の吸収を抑えて、カロリーをカット!!
・疲労物質を取り除いて巡りをよくし、浮腫みを解消!!
・腸内環境を整えて便秘を解消!!

また、ダイエット中に不足がちな、ビタミンB群・ビタミンC・鉄分・カルシウム・アルギニン・BCAAや、美容にアプローチしてくれる、ポリフェノール・アントシアニンの補給ができるので、短期間で痩せるダイエットにも安心してお試しいただけます。

短期間で痩せるチェック価格
・単品購入:4.600円(税抜き)
・定期購入:4.300円(税抜き)

※単品、定期どちらの購入方法でも、送料無料です。
※定期購入のみ、代引きによる支払は、手数料無料です。
※定期購入の変更・解約はいつでも可能です。


短期間で痩せるチェック内容量
・1袋あたり:470mg×90粒(1日3粒目安)

短期間で痩せるチェック安心感
「黒美妃」は、国内工場での一貫製造としており、全ての工程で安全性を定めた「GMPの認定」、「HACCP」、「有機JAS認証」を取得した安全と信頼性の高い国内工場で厳しい規格に基づいて製品化されているので、安心して使用できます。

※GMPの認定:安全で安心できる健康食品のための管理厳守事項を定めたものです。
※HACCP:食品製造の工程上の危害を起こす要因を分析管理し、安全を確保する食品の衛生管理法です。
※有機JAS:国際基準に準拠した有機食品の検査認証制度。有機JASマークの貼付は、農林水産大臣に登録した認定機関による認定が必要です。

黒しょうが+5つの黒スリムの特徴

黒しょうが+5つの黒スリムはつの黒素材と、5つのダイエットサポート素材からできたカラダのスリム化に優れたサプリメントです。

5つの黒素材と5つのダイエットサポート素材から、脂肪燃焼を促進させダイエット全体へのアプローチが期待できます!!

定期購入だと毎月2400円で送料無料とお得です!!

評価 評価4
「黒しょうが+5つの黒スリム」のおすすめポイントは?

短期間で痩せるチェック10種類の使用素材
黒しょうが・黒こしょう・黒たまねぎ・黒にんにく・黒はちみつ・コエンザイムQ10・サラシア・フォルスコリ・ヒハツ・黄金しょうが

短期間で痩せるチェックこんな方におすすめ
・食事制限が続かない
・ダイエットでストレスがたまる
・すぐに結果がでないので挫折する
・リバウンドでいやになってしまう

短期間で痩せるチェック価格
・単品購入:2.700円(税抜き)
・定期購入:2.700円(税抜き) ⇒ 毎月2.400円(税抜き)
※定期購入は送料無料です。
※定期購入は、お休みも退会も自由です。


短期間で痩せるチェック内容量
・1袋:45g(180粒×250mg)・約30日分(1日6粒目安)

短期間で痩せるチェック安心感
株式会社ネイチャーシードという健康食品・サプリメントの企画・開発・販売・卸業務などを事業とした会社が販売しており、「世界基準」の認証を取得した工場で製造、国内(日本)のGMP基準認定、HACCP認証の工場で製造していることから、品質と安全性についてご安心してご利用いただけます。

※GMP
医薬品・健康食品の製造管理、品質管理ができるGMP体制を整えています。GMPとは、薬事法に基づいて厚生労働大臣が定めた医薬等の品質管理基準で、Good Manufacturring Practiceの略です。
※HACCP
ミスを予め予測し、その対策を図ります。(危害重要管理点を抑えています。)HACCPとは、1960年代に米国で宇宙食の安全を確保するために、開発された食品の衛生管理方法です。遵守しています。

 

ダイエットサプリ関連ページ

短期間で痩せるためのダイエットサプリを3つのタイプで早解り紹介!!

 

短期間で痩せるためサプリ

短期間で痩せるなら、サプリメントの活用が効果的です。しかし、サプリメントの種類は様々あり、迷ってしまうほどです。そこで、ダイエットサプリのタイプを「脂肪燃焼系」「カロリーカット系」「むくみ解消系」の3つに分けてわかりやすく解説していきます。

⇒詳しく見る

4.ダイエットサプリメントと一緒に摂りたい効果的な食材

短期間で痩せるには食材

ここでは短期間で痩せるために効果的な食材をご紹介します。

 

ごく一部ですが、運動後の筋肉の修復や体力の回復、体の機能を正常に保たせるための栄養補給をサポートできる食材なので、1週間や2週間などの短い期間でのダイエットでもぜひ試してみてください。

 

またダイエット中にサプリ補給で更に効果を狙うなら、一緒に摂るとより効果が期待できる食材です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

食品名 主な栄養と働き
鶏ムネ肉 タンパク質やナイアシンの補給をして、筋肉の修復に関わる食材です。
梅干 ナトリウムの補給をして筋肉や神経の働きを正常に保ってくれます。
ひじき カルシウム、鉄、マグネシウム、の補給に優れており、骨を作ったり、筋肉の収縮を正常に保ち酸素を体中に運搬してくれます。
うなぎ ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB2、パントテン酸、の補給をして糖質や脂質の代謝に関わり、抗酸化作用や成長促進をしてくれます。
秋刀魚 ビタミンD、ビタミンB6、ビタミンB12を補給でき、アミノ酸の代謝や、筋肉や神経を正常に働かせてくれます。
ひらたけ ビタミンB1の補給をして、糖質の代謝を促してくれます。
ブロッコリー 葉酸、ビタミンCの補給ができ、抗酸化作用や、造血作用があります。


 

5.短期間で痩せるための運動

短期間で痩せるには運動

短期間で痩せるには、脂肪燃焼をさせるために運動が必要になります。

 

運動は大きく分けて「有酸素運動」と「無酸素運動」の2つに分けられています。

 

ダイエットでは3週間〜1ヶ月間などの短期間や、またはそれ以上の期間で痩せたい場合に、バランスよく「有酸素運動」や「無酸素運動」を取り入れることが効果的です。

 

ここでは短期間で痩せるための運動に関する説明をしていきます。

 

 

有酸素運動

 

有酸素運動は「ウォーキング」や「ジョギング」「水泳」・「サイクリング」などが上げられ、低負荷で一定以上の運動量を行い、心肺機能や持久力の向上と脂肪燃焼を促すことを目的とした運動です。

 

また有酸素運動では軽いものを長時間持ち続けることや、ジョギングなどのように長時間低負荷のペースで走り続けるなど、「遅筋」と言われる筋肉の持久力である筋持久力を鍛えていくことができます。

 

この筋持久力を鍛えることで、長時間の有酸素運動に耐えるカラダづくりがされることから、脂肪燃焼の効率を上げることができます。

 

短期間で痩せるには必要な運動となることから1週間〜2週間のダイエットにも取り入れておきたい運動です。

 

 

無酸素運動

 

無酸素運動は主に瞬発的な運動のことで、「腕立て伏せ」・「腹筋」・「スクワット」などの筋力トレーニングや短距離走でのダッシュなどが上げられ、瞬発力や爆発力に優れた「速筋」と言われる筋肉を鍛えます。

 

速筋は「重いものを持つ」・「速く走る」などに有効な筋肉を増やすとともに、自然な状態でも代謝を促し脂肪燃焼に効果的な「基礎代謝」を向上させる効果があることから、3週間〜1ヶ月間など短期間で痩せるには有効な運動となります。

 

 

有酸素運動と無酸素運動をバランスよく行うことで脂肪燃焼だけではなく、体型もスッキリでき代謝も促されて健康的なカラダとキレイなボディラインへと短期間でアプローチすることでがきるようになります。

 

 

運動方法・トレーニング関連ページ

これを知れば迷わない!短期間で確実に痩せる7つの運動方法!!

 

トレーニングをする女性

短期間で痩せるには、脂肪燃焼のために運動が必要です。しかし、一口に運動と言っても、大きく分けて「有酸素運動」や「無酸素運動」、細かくすると「筋トレ」や「ジョギング」など、ダイエットに必要な運動方法がたくさんあるため、迷ってしまいます。そこで、短期間で痩せるために必要な運動を7つに分けて、分りやすくしっかりご紹介します。

⇒詳しく見る

 

 

5-1.短期間で痩せる効果を運動でさらにアップ!!

 

短期間で痩せるには運動の効果

短期間で痩せるには運動が必要ですが、期間が短いほど運動をする時間も少なくなることから、脂肪燃焼が難しくなっていきます。

 

そうなると運動での期待は下がってしまいがちですが、実はちょっとした工夫によって運動の効果を上げる方法があるのをご存知ですか?

 

ここでは、ただ運動を行うよりも少しの工夫でさらに効果的になる方法をご紹介します。

 

運動でさらに効果的にする方法

  • 運動前にはたんぱく質を摂る
  • 筋トレと有酸素運動を組み合わせる

 

 

運動前にはたんぱく質を摂る

 

運動をするということは、その負荷から筋肉痛になり回復して筋肉が増え、基礎代謝が上がることで、脂肪燃焼を促す痩せやすいカラダへ変化していきます。

 

そのためには、できる限り筋肉を増やした方が短期間で痩せるためにも好都合です。

 

しかし、ダイエット中の食事制限などによってエネルギーが少ない状態で運動をすると、運動中にエネルギーが無くなって筋肉をタンパク質へ分解してエネルギーとして使ってしまいます。

 

筋肉が分解されると脂肪燃焼がしづらい太りやすいカラダになってしまうことから、運動をする1〜2時間前にタンパク質の摂取で筋肉の分解を予防しておくことが最適です。

 

タンパク質の摂取は、とくにプロテインが筋肉へバツグンの効果を発揮してくれます。
また鶏のササミや胸肉、牛肉の赤身肉なども最適です。

 

 

筋トレと有酸素運動を組み合わせる

 

脂肪燃焼のメカニズムは、運動をすることで血中のブドウ糖を使ってから、カラダの脂肪を分解して脂肪酸に変え筋肉に取り込み、それをエネルギーとして使うことで脂肪が減る仕組みになっています。

 

そのため脂肪燃焼には、まず「血中のブドウ糖を使ってから脂肪分解」を行う必要がありますが、ブドウ糖を使うには有酸素運動よりも負荷の高い無酸素運動が有効と言われています。

 

また脂肪燃焼を行うには、無酸素運動よりも有酸素運動が有効とされています。

 

これらのことから効率的な脂肪燃焼の方法は、筋トレなどの無酸素運動をしてブドウ糖を使いきってから、ジョギングや水泳などの有酸素運動で脂肪燃焼を促すことが有効な方法です。

 

 

 

⇒ 短期間で痩せるサプリメント・ベスト3!!はこちら

 

5-2.特定の部分だけを短期間で痩せられるのか?

 

短期間で痩せるには部分痩せ

二の腕お腹周り太もも、ふくらはぎなどの下半身などが気になったりコンプレックスがあるため、特定の部分だけ痩せたいと思うことってありますよね。

 

結論から言うと部分痩せというのは、人のカラダの機能的にほぼ不可能と言われています。

 

例えば長期間に渡って運動が不足していると、自然と筋肉が衰えて脂肪がつき、二の腕やお腹周りがたるんでいきます。

 

そこで腕立て伏せや腹筋などの筋トレ、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うと筋肉が刺激されてカラダが引き締まっていきますが、特定の部分だけを狙って脂肪燃焼をさせるというのは難しいのです。

 

そもそも脂肪燃焼がされていく順番はカラダ全体の脂肪を少しずつ減らしていき、最後にお腹周りの脂肪が減っていくようになっています。

 

これは人が餓死しないように、お腹周りをエネルギーの貯蓄場所として脂肪を保有しやすく機能化されているからです。

 

こうしたことからダイエットを行う場合は、基本的にカラダ全体を痩せるように意識しながら、気になる特定の部分は更に絞り込むようにトレーニングをして引き締めていくことが必要となります。

 

とくに1週間や2週間など短期間で痩せるには、有酸素運動や全身運動でカラダ全体の脂肪燃焼を促し、気になる部分は筋肉トレーニングで集中的に引き締めていく方法が理想的となります。

 

例えば顔が気になるのであれば、顔のマッサージやストレッチ、お尻が気になるのであれば、スクワットやエクササイズなど、適材適所の筋力トレーニングを行って、短期間で痩せるようにしていきます。

 

 

6.短期間で痩せるには「何キロ痩せるか?」目標設定も大切

短期間で痩せるには目標

本気で1週間〜1ヶ月間ほどでの短期間で痩せるには、まずは目標体重などの設定も大事なポイントです。

 

目標体重の計算によって、現在の自分の体重が標準よりも「何キロ太っているのか?」、理想の自分の体重は「何キロくらいなのか?」を知り、目標の日までに「何キロ落とす必要があるのか?」を確認することで確実に痩せる計画とモチベーションの維持ができます。

 

まずは「目標の体重」・「1日あたりに必要な摂取カロリー」・「1日あたりに必要な消費カロリー」から、どのくらいのペースで体重を何キロ減らしていくのか?という計算をして、しっかりと目標を立てていきましょう。

 

6-1.肥満度の確認とBMI値の計算

 

ご存知の方も多いと思いますが、BMI値とは肥満度を表す計算方法です。
肥満度の振り分けは以下の通りで、標準は「18.5〜22未満」の範囲です。
ここで、まずは自分の肥満度を測るため、BMI値を計算してみましょう!!

 

BMI値の範囲

 

  • 痩せすぎ  = 18.5未満
  • 標準    = 18.5以上〜25未満
  • 肥満    = 25以上

 

BMI値の計算

 

ここでは、ご自身の「身長(cm)」と「体重(kg)」を入力して、「計算」ボタンを押してみて下さい。
「BMI値」の欄に肥満度の計算が出るようになっているので、まずは自分の肥満度を確認してみましょう!!

 

BMI
身長
cm
体重
kg
         


BMI値

 

⇒ 短期間で痩せるサプリメント・ベスト3!!はこちら

 

6-2.理想の体重の計算

 

短期間で痩せるには体重

ここでは自分にとっての「標準的な体重」を計算し確認します。

 

この「標準的な体重」は健康面を含めた「理想的な体重」と言えますから、自分の現状との差を実感できるので短期間で痩せるために十分な刺激を得られます。

 

また、逆に標準的な体重を知ることで、不健康を招くような過剰なダイエットの防止にもなります。

理想の体重の計算

 

ご自身の「身長(cm)」を入力して「計算」ボタンを押してみて下さい。
「理想の体重」の欄にあなたの標準的な体重が出るようになっているので、自分の実際の理想的な体重を確認してみて下さいね!!

 

BMM
身長
cm



理想の体重
kg

これでまずは自分の肥満度と標準的な体重を知って、「自分には何キロ程度のダイエットが必要か?」が実感できたのではないでしょうか。

 

ここから、現在の自分の体重と標準的な体重を引き算することで、その差から何キロ落として行けばよいかが分かりますね。

 

 

6-3.一日に必要な摂取カロリーの計算

 

ここでは自分に必要な摂取カロリーの計算方法をご紹介します。

 

1週間〜1ヶ月間での短期間のダイエットでも、最低でも摂取したいエネルギーとして、1日あたり男性であれば1600Kcal・女性であれば1200Kcal以上は摂取しておくことが健康的にダイエットを行うコツとなります。

 

「6-2.理想の体重の計算」で計算したご自身の理想体重から以下の表で計算することで、ご自身の目標体重に対して1日に必要な摂取カロリ−が計算できます。

 

職業別エネルギー量(kcal)

職業別 体重1kgあたりの職業別エネルギー量
一般事務・管理職・技術者・幼児のいない専業主婦 25〜30kcal
製造・加工業・サービス業・販売員・幼児のいる専業主婦 30〜35kcal
農業・漁業・建設業 35〜40kcal
農繁期の農作業・林業・プロスポーツ選手 40kcal 以上

※ここでは、一覧が見やすくなるように、専業主婦や育児中の専業主婦の方も職業の一つとさせて頂きました。

 

この表は運動の少ない一般事務から子育て中のお母さん、プロスポーツ選手まで様々な職業で1日に必要な体重1Kgあたりの平均摂取カロリーをもとにつくられた一覧です。

 

この一覧表から自分に必要な1日の摂取カロリ−を計算していきます。
計算方法は「目標の体重×職業別エネルギー量=1日に必要な摂取カロリー」です。

 

例えば一般事務の方で目標の体重が、50Kgである場合を計算してみますね。

・50(目標の体重)×25〜30(一般事務の職業別エネルギー量)=1250〜1500Kcal(1日に必要な摂取カロリー)

この計算から一日に必要な摂取カロリーは、1250〜1500Kcalとなります。

 

このように仕事の種類によって一日の活動内容に個人差が出るため必要な摂取カロリーも様々ですが、健康を壊さないためにも自分の最低摂取カロリーは把握しておく必要があります。

 

そのうえで、可能な範囲での食事制限をしていきましょう。

 

まずは、こうした必要な情報を計算してから短期間で痩せるダイエットを実践していきましょう!!
また、さらに自分に必要な「摂取カロリーや消費カロリーの計算」をしたい方は「短期間で痩せる!ダイエットの目標体重とカロリーの計算方法!!」から確認してみて下さいね。

 

目標の体重設定だとダイエットを続けられそうにない場合は?

 

短期間で痩せるためのダイエット目標の体重設定があまりにも大きかったり、そこまで達成する自身が無い場合などは、思い切って目標の設定方法を変えてしまいましょう!!

 

減らせるかどうか分からないと悩んでいたり、目標の体重に向けての食事制限が難しい場合は、「体重を何キロ減らす」という数字的な目標ではなく、「期間中に何をやる」という行動的な目標に変えてしまうのです。

 

例えば、体重を何キロ減らすではなく、体重はあえて気にせず1週間や2週間など期間を決めて、その間は「白米を食べない」・「お菓子を食べない」・「甘いものは口にしない」や「毎日ウォーキングをする」・「ジョギングをする」・「腕立てをする」にしてしまうのです。

 

そうすることで、思うように体重が減らないといった理由での挫折を回避することができます。

7.短期間で痩せるなら生活習慣の見直しもしてみよう!!

短期間で痩せるには生活習慣の見直し

ダイエットを始めようとする大半の方は、今まで脂肪を溜め込みやすい生活を送っています。

 

そうした太る原因となっている「悪い生活習慣」をやめて、痩せやすいカラダを作るための「良い生活習慣」を身につけ生活習慣の改善をすることも短期間で痩せるには効果的です。

 

ここでは1週間や2週間などの期間に関わらず、短期間で痩せるための生活習慣の改善方法を説明していきます。

 

 

生活習慣の改善方法

  • なるべくカラダを動かすことを意識する
  • お菓子や即席麺は置かない
  • 腸内環境を整える
  • マッサージやストレッチで巡りを促す
  • 睡眠を充分にとる
  • 体重を毎日計る

 

 

なるべくカラダを動かすことを意識する

 

電車を利用するときは座らずに立ったり、エレベーターではなく階段を使うなど、できるだけカラダを動かすことを意識してカロリ−を消費していくことが短期間で痩せるには有効です。

 

 

お菓子や即席麺は置かない

 

お菓子やカップラーメンなど、高カロリーですぐに食べられるようなものは脂肪増加の原因となってしまいますから置かないようにしましょう。どうしても何か食べたいときは、スムージーや野菜スティックなどに置き換えておくのも一つの方法です。

 

 

腸内環境を整える

 

偏った食生活などによって腸内環境が乱れている場合、便秘になりやすくなります。人によっては便秘解消で体重が1Kg前後も変わることがありますから、便秘を感じる方は腸内環境を整えることでお腹まわりがスッキリできます。便秘解消にはヨーグルトや食物繊維の摂取が効果的です。

 

 

マッサージやストレッチで巡りを促す

 

お風呂上りに顔や首元、ふくらはぎのリンパマッサージやストレッチで体内の巡りを良くして老廃物の排出を促していきます。地味ですが代謝のアップとむくみの解消にも繋がるので、カラダの引き締めに効果的です。

 

 

睡眠を充分にとる

 

睡眠時間によって満腹ホルモンや空腹ホルモンの分泌量が変わります。睡眠不足は空腹ホルモンのグレリンが分泌されやすくなり、お腹がすきやすくなります。しっかり8時間の睡眠をとることで、満腹ホルモンのレプチンが分泌されやすくなり、お腹がすきにくくなりますから睡眠はしっかりととるようにしましょう。

 

 

体重を毎日計る

 

体重を毎日計ることは短期間で痩せる意識づけになります。ふとお菓子を食べたくなったり、人にお菓子を勧められた場合など誘惑はたくさんあります。そうしたときに体重を思い出すことで、踏みとどまることができます。

 

⇒ 短期間で痩せるサプリメント・ベスト3!!はこちら

8.短期間で痩せることのデメリット

短期間で痩せるデメリット

短期間で痩せるデメリットの一つに「体調不良になる可能性」があげられます。

 

1週間〜1ヵ月間ほどの短期間で痩せるということは、今までよりも急激な食事制限や運動、生活習慣の改善を行うことになります。

 

それら短期間のダイエットで必要なことをコントロールできていれば問題ないのですが、熱心になりすぎると過度になってカラダへ負担をかけてしまいます。

 

その負担は栄養不足や健康状態の不安定から体調不良を招いてしまうこともあるので、短期間で痩せることでのデメリットと言えます。

 

 

デメリットの具体例

  • 過度な食事制限による集中力の低下
  • 肌荒れや爪のゆがみなど美容の低下

 

 

このように過度な食事制限になると、仕事や学業において集中力が落ちて能率が低下してしまったり、肌荒れや爪のゆがみなど美容を損ねてしまうといったことがあげられます。

 

そのため事前の予防として、食事制限をしながらもバランスの良い食生活や規則正しい生活習慣を行ったり、ダイエット効果をサプリメントでサポートすることが必要となります。

 

とくに栄養面ではしっかりとタンパク質・ビタミン・ミネラルの摂取が有効です。

 

8-1.短期間で痩せる最大のデメリット

 

短期間で痩せるダイエット方法の最大のデメリットは、ダイエット成功後に訪れる「リバウンドの可能性」です。

 

これは1週間〜1ヶ月間などのどんな短期間であってもリバウンドする可能性があります。

 

 

リバウンドの主な原因

  • 食生活や生活習慣が元に戻ってしまった
  • ドカ食いをしてしまった

 

 

このようにリバウンドの主な原因は、ダイエットでの食生活や生活習慣から解放されて、摂取カロリーが増えたり消費カロリーが減ってしまうことにあります。

 

そのため摂取カロリーや消費カロリーのバランスには注意が必要です。

 

とても難しいかもしれませんが、ダイエットの効果を持続させるためには、食生活や生活習慣といった日々の自己管理が必要となります。

 

1週間や1ヶ月間などの短期間で痩せるダイエットの成功後も効果を持続できるように頑張って行きましょう。

 

 

 

⇒ 短期間で痩せるサプリメント・ベスト3!!はこちら

 

8-2.短期間で痩せるための注意点

 

1週間・2週間・3週間・1ヵ月間のどの短期間でも痩せる効果を失わないように、ここで注意点をいくつか説明させて頂きます。できる限りでかまいませんが、ご自身のためにもぜひ実践してみて下さい。

 

 

短期間で痩せるための注意点

  • 水分補給はできるだけお水に
  • 時間がないとき・疲れているときの食事には注意
  • 外食での揚げものには注意
  • 寝る直前の食事に注意
  • ご褒美のドカ食いに注意
  • 調味料に注意
  • 長時間の絶食はしないこと
  • 生理前に無理なダイエットはしないこと
  • アルコールのつまみに注意

 

 

水分補給はできるだけお水に

 

水分補給をジュースなどで済ますのは控えておくことが必要です。清涼飲料水にはかなりの量の砂糖が含まれているため、せっかくの食事制限も台無しにあってしまうこともあります。そのため水分補給は基本的にお水にして、摂り過ぎない程度にお茶などにしておきましょう。

 

 

時間がないとき・疲れているときの食事には注意

 

朝食や仕事の合間、昼食や深夜に帰宅したときなどで疲れが溜まっていたり、時間に余裕が無かったりするとジャンクフード・菓子パン・お菓子など手軽で高カロリーなもので済ませてしまうことがあります。これらは糖質の塊りであるだけではなく、代謝が落ちて老廃物も溜まりやすく悪循環となってしまいますので控えるように注意しましょう。

 

 

外食での揚げものには注意

 

ダイエット中の食事の基本は和食がベストですが、和食には高カロリーとなる揚げ物が多いので注意が必要です。また洋食も油分が多いので、ダイエットが成功するまで揚げものや洋食はできるだけ我慢しましょう。

 

 

寝る直前の食事に注意

 

寝る直前の食事はエネルギー消費ができず脂肪に変わりやすくなってしまいます。また、寝ている間の働きが消化中心となるため新陳代謝がうまく行われずに、むくみや疲れが残るケースもあります。そのため就寝直前に食事をしなければいけない場合は、野菜スープ程度の軽いものにしておきましょう。

 

 

ご褒美のドカ食いに注意

 

自分へのご褒美としてドカ食いは注意が必要です。ドカ食いをすると血糖値が一気に上昇してリバウンドの原因となるほかに、カラダが摂取エネルギーを吸収しきれずに肌荒れの原因などにもなってしまいます。

 

 

調味料に注意

 

家庭でよく使われる調味料でウスターソース・ケチャップ・カレールー・みりんなどには思いのほか砂糖が多く含まれています。そのため使い過ぎには注意が必要です。

 

 

長時間の絶食はしないこと

 

活動時間に必要な朝食や昼食などを抜いて長時間空腹になると、カラダに必要な栄養補給が定期的にされず、栄養バランスがくずれてリバウンドをしやすい体質に変わってしまうことがあります。これは絶食後の食事でエネルギーをたくさん溜めようとする働きによるものなので、朝・昼の食事はバランスよく、夜は抑えめに定期的に食事はしましょう。

 

 

生理前に無理なダイエットはしないこと

 

生理の前は妊娠に備えるため、黄体ホルモンの分泌で脂肪や水分を溜め込みやすくなります。そのためダイエットの効果が出にくい時期に入ります。ここで無理にダイエットをすると生理不順などを起こしてしまうリスクがあるので、ダイエットはカラダに適した時期として生理後に実践していきましょう。

 

 

アルコールのつまみに注意

 

アルコールは満腹ホルモンのレプチンを減少させてしまう効果がるため、食べ過ぎてしまう傾向にあります。そのため「飲んだあとのラーメン」のように食欲が出てしまうので、アルコールを飲むときはつまみなどの食事内容と食べ過ぎに注意が必要です。

9.短期間で痩せるダイエットを効果的に成功させましょう!!

短期間で痩せるには成功

このサイトでは、1週間・2週間・3週間・1ヶ月間など短期間で痩せるためのダイエットを効果的に行う方法をご紹介していきます。

 

最近ではテレビや雑誌などのメディアで「ほそい人が上である」という美意識が定着しているため、無理なダイエットをする方が後を絶ちません。

 

過度な食事制限や無理な運動をしてしまった結果、体と心がボロボロになって老化が進んだような外見や、うつ病やパニック障害に陥ってしまうというケースもよくあります。

 

そもそもダイエットは健康的に痩せなければ、誰も幸せになることはできないのです。

 

まずは健康的に美しく痩せること。

 

とくに目標があって短期間で痩せたいという方に当サイトを参考にしていただければ幸いです。

 

 

短期間で痩せるダイエット

<参考文献>
大村正史、本三保子、山田一哉、2011、「化学・生化学」、理工図書株式会社
中嶋洋子、2015、「栄養の教科書」、株式会社新星出版
石田秀行、2014、「見てすぐわかる解剖生理学」、笠倉出版
蒲原聖可、2016、「サプリメント辞典」、株式会社平凡社
渋谷DSクリニック、2013、「正しいダイエットメソッド」、成美堂出版
小野浩二・佐々木圭、2016、「ダイエット大学の教科書」、BABジャパン
柳沢香絵、2017、「アスリートのためのスポーツ栄養学」、株式会社 学研プラス
佐藤拓矢、2006、「筋肉バランストレーニング」、新星出版社

グループサイト

リバウンドしないためには、このダイエット方法が必要!!

ダイエット中や、ダイエット成功後に、ふと気を抜いた事で起こってしまうリバウンド。
こちらは、そんなリバウンドをしないためのダイエット方法をご紹介したサイトです。

 

ダイエット中の食事や間食は、こうすると確実に痩せる!!

こちらは、ダイエット中の食生活や食事内容をテーマに、どういった食事方法がダイエットに向いているか?をご紹介したサイトです。